メルカリをお得に登録
写真の加工
PR

ぼかしやモザイクにおすすめのアプリPhotoDirector!背景や顔の隠し方7つを解説

背景や人物の隠し PhotoDirectorの ぼかしとモザイク
うずら
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
  • 写真に奥行きを出して、一眼レフ風の写真に仕上げたい
  • 不要な部分を隠して、写真のクオリティをアップしたい
  • 人物の顔を隠したい

上記のような悩みや疑問を解決します。

うずら
うずら

こんにんちは!うずらと言います

本業は動画制作(歴10年以上)なので、動画や写真の加工はプロとして経験。

いろいろな写真加工アプリをテストしてますが、PhotoDirector(フォトディレクター)は機能が段違いに多いのでおすすめです。

PhotoDirectorのぼかしツールの特徴

  • 背景を自動で認識してぼかしてくれる
  • 手動で”ぼかしたいとこだけ”もぼかせる
  • 一眼レフ風のぼかし加工も簡単
  • 写っちゃいけないものを隠すモザイク機能もある

この記事では、スマホ版「PhotoDirector」の

  • ぼかしやモザイクツールの種類
  • 具体的な操作方法

について解説。

画像付きで丁寧に、できる限りわかりやすく説明してますので、ぜひ参考にしてください。

PhotoDirector(フォトディレクター)のぼかしやモザイクの種類

PhotoDirector(フォトディレクター)のぼかしやモザイクの種類と使い方

PhotoDirectorのぼかしやモザイクに使える機能は、以下のようなツールがあります。

ぼかしやモザイクに使えるツール

うずら
うずら

以下の項目で「背景」「人物」にわけて使い方を紹介

【背景のぼかし】に最適なPhotoDirectorのツール4選

背景のぼかしに最適なPhotoDirector(フォトディレクター)のツール4選

PhotoDirectorの中で、背景のぼかしに使えるツールは以下の4つになります。

クリックで気になる項目へ

【ぼかしツール】ワンタッチで人物の背景をぼかす

【ぼかしツール】は隠したいものをぼかすツールで、「エフェクト」という項目から選択。

「ブラシ」という機能からワンタッチで人物の背景をぼかすことができます。

ワンタッチで背景をぼかす手順

  1. 【ぼかしツール】から画面下の「ブラシ」を選択
  2. 画面右下に表示される[●]マークを選択すると、人物を自動で認識し背景がぼける
うずら
うずら

手動で微調整もできる

背景をうまく切り抜けない場合は、画面下に表示される機能で調整することも。

「ブラシ」のようなマークを選択し、「サイズ」でペンの太さを選ぶと細かい調整がしやすくなります。

※「ブラシ」マークを押すと「消しゴム」マークに切り替わり、ぼかしを消すこともできます。

うずら
うずら

【ぼかしツール】でできることは全部で3種類

【ぼかしツール】には加工パターンが全3種類あり、

  • 先に説明した「ブラシ」は、ぼかしたい部分を自由に選択できる機能
  • 「円形」と「リニア」は表示される点を中心に、円形や四角くぼける機能です。

ちなみに、ぼかしの形を変えることもでき、「左下の二重丸」から形を選び背景に遊びをつけることもできます。

注)ぼかしツールは、人物以外の切り抜きはちょっと苦手。物の切り抜きは手動か、次に説明する【フォーカス】が便利です。

【フォーカス】簡単に一眼レフ風の写真に

【フォーカス】は、ワンタッチで一眼レフ風の写真にできるツールです。

【フォーカス】は「エフェクト」という項目から選択、ピントを合わせたい場所をタップすると背景がぼけた写真に。

画面下の目盛りでピントの範囲を選択でき、「ぼかし」を選ぶと、ぼかしの強度が調整できます。

うずら
うずら

なんでもピンボケ写真にできるのがおすすめ

先に解説した【ぼかしツール】は人以外の物は感知できないのに対し、【フォーカス】は「人だけでなく物も認識してくれる」のも便利な点。

人を認識してくれるアプリは多いですが、物も認識してくれるアプリは中々ないので、ほかのアプリと比較しても使えるツールです。

うずら
うずら

フォーカスは料理の写真加工にも◎

かなり便利な【フォーカス】ですが、以下のようなデメリットもあります。

  • 消しゴム機能がないので微調整が効かない
  • 【フォーカス】は有料ツール

有料といっても月額283円で使えるので、検討の余地はあるツールです。

▼「ぼかしツール」と「フォーカス」の特徴▼
ぼかしツールフォーカス
◎人物だと簡単に背景をぼかせる
◎細かな調整もできる
◎ぼかしの形で遊べる
◎無料機能
▲物の背景ぼかしは不得意
◎人も物もピンボケ写真にできる
▲細かい調整がしにくい
▲有料ツール

【ピンボケ】ぼかした背景にあそびをつける

【ピンボケ】は「ライブ」から選択でき、前述の【ぼかしツール】とほぼ同じ機能ですが、背景にキラキラとした動きをつけられるツールです。

背景は星やハートなどから選べ、もう1度タップすると調整パレットが表示。ぼかしの種類や大きさ、色などを選ぶことができます。

【周辺光量】ぼかしに色をつける

【周辺光量】は、写真の四隅をぼかし被写体を目立たせるツール。

うずら
うずら

ほかのアプリでは「ビネット」という名前のことも

ほかと違うのは、ぼかしに白や黒の色をつけられる点です。

【周辺光量】は「エフェクト」から選択、表示された円でモヤの大きさや位置を調整。

左下のマークから「影」と「ぼかし」の量を調整することもできます。

  • 「影」:色の調整
  • 「ぼかし」:境界線のぼけ感の調整

【顔の隠し】にも最適なPhotoDirectorのモザイクツール

顔の隠しにも最適なPhotoDirectorのモザイクツール

先に解説した【ぼかしツール】でも顔の隠しはできますが、PhotoDirectorには他に3パターン顔を隠せるツールがあります。

クリックで気になる項目へ

【モザイク】顔などの隠しに最適

【モザイク】は、いわゆる「写ってはいけないものを隠す」ときによく使われるツールです。

モザイク前
モザイク後

「エフェクト」から選択でき、写真をなぞるだけでモザイクが適用されます。

操作が簡単なので、SNSなどにアップ写真で人の顔や個人情報などを隠すときに便利です。

【ハーフトーン】ドット柄で隠す

少し変わったモザイクなら、【ハーフトーン】で顔を隠すのもおすすめです。

【ハーフトーン】は写真をドット柄に加工するツールで、エフェクトから選べます。

画面下の青いボタンを押すと、部分的にドット柄にすることが。右下のボタンを押すと、選択範囲を真逆になります。

【ステッカー】イラストで隠す

元々は「写真を装飾するツール」でモザイクでないですが、【ステッカー】という機能でも人の顔などを隠せます。

【ステッカー】には以下の3種類があり、既存でも1000種類以上ありますが、AIステッカーでは自分の好きなステッカーを作ることもできます。

  • 静止画
  • 動きつき(アニメーション)
  • AIステッカー(AIで好きなステッカーを生成)

※ステッカーはデフォルトだと全部は入っていませんが、画面左下のマークから追加することができます。

Q&A:PhotoDirectorのぼかしやモザイクでよくある質問

Q&A

Q:PhotoDirectorで特定の部分だけをぼかすには?

A:ぼかしツールの「ブラシ」かモザイク。

顔など写真を部分的に隠すなら先に解説した【ぼかしツール】か【モザイク】というツールが最適です。

うずら
うずら

タッチしたとこだけを隠せる

>>【ぼかしツール】に戻る >>【モザイク】に戻る

Q:ぼかした写真をスマホに保存するには?

A:画面右上のボタンから保存できます。

加工した写真は右下の「✔︎」マークを押したあとに、右上のボタンを押すとスマホ内に保存。

PhotoDirectorでは、そのままインスタなどのSNSやLINEなどにも加工した写真を送ることができます。

「基本的な操作」は以下の記事でも解説しているので、参考にしてください。

\60種類近くある機能も全て解説/

Q:ぼかした写真を元に戻すことはできる?

A:編集中であれば戻せます。

PhotoDirectorは1度編集画面を閉じてしまったものは戻せませんが、編集中であれば画面左下に表示される「戻る」ボタンで元の画像に戻すことはできます。

Q:ぼかし以外でPhotoDirectorのおすすめ機能は?

A:空を加工するツールもおすすめです。

PhotoDirectorは「空を晴天にしたり星空にしたりする加工」も優れているので、おすすめです。

曇り→晴れビフォーアフター写真
※PhotoDirectorで作成した画層

\使い方の詳細はこちらから/

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
うずら
うずら
メルカリせどらー
メルカリせどり歴4年。 今まで1000件以上フリマアプリで取引。 2021年1月からせどりを始め、 10ヶ月目で月5万円、 12ヶ月目で月10万円の利益に。 現在は1日15〜30分ほどの作業で安定的に稼ぎ、 メルカリせどりで稼ぎたい方に向けてノウハウを発信しています
記事URLをコピーしました